スキー 夏の全日本学生 女子が総合優勝

スポーツ

2017.10.26 19:26

 スキーの第61回全日本学生夏季競技大会が10月8日に千葉市の東京大学検見川総合運動場で行われ、11大学のスキー部員が駅伝と駅伝スプリントで脚力を競った。


 スキー選手は夏の間、走り込みを中心に練習を積む。同大会はその成果を発揮する場として毎年開催されている。
 本学女子Aチームは両競技とも他大を寄せつけない圧巻の走りで、2冠を達成。女子総合優勝を果たした。
 男子は駅伝でAチームが2位、Bチームが同4位に入賞し、総合では準優勝だった。
 藤本邦夫監督は「女子は十分に力を発揮してくれた。男子は序盤に早大につけられた差が痛かった」と話した。