ボート 全日本選手権 かじ付きペアが快勝 エイトなど3種目は準V

スポーツ

2016.12.8 18:17

 ボートの全日本選手権が11月10日から13日まで埼玉県戸田市の戸田ボートコース(2000㍍)で行われ、本学は8種目中6種目で決勝に進出したが、優勝はかじ付きペア1種目に終わった。


 エイトとかじなし4人スカル、かじ付きフォアは準優勝だった。
 かじ付きペア決勝は、八木陽輝(法2=福井・美方高)、河津蒼摩(法2=大分・日田林工高)、熊谷大樹(法3=秋田・本荘高)が中盤まで先行した慶大艇を一気に抜き去り4・7秒の大差でゴールした。
 5連覇の懸かったかじなし4人スカルは、関西電力美浜を終始追う展開となったが捉え切れず、連覇に挑んだエイトもNTT東日本に1000㍍地点でつけられた2・6秒差を巻き返せず、準優勝に甘んじた。
 かじ付きフォアは、序盤に仙台大に大幅リードを許したことが響いた。シングルスカルの木村晶(スポーツ科1・北海道・函館水産高)は5位、かじなしフォアは4位だった。
 磨き上げた漕ぎ ○…ゴールの瞬間、3人のクルーは互いの拳をぶつけ合い、喜びを分かち合った。 (・・・続きは本紙12月号へ)
 ボート.jpg
   優勝を決め喜びを分かち合うかじ付きペアのクルー