陸上 U20世界選手権 本学勢3人が入賞 大嶋、男子400リレーで銀

スポーツ

2016.8.5 15:28

 陸上のU20世界選手権が7月19日から24日までポーランドのビドゴシチで行われ、男子4×100㍍リレーに4走として出場した大嶋健太(スポーツ科1=東京高)が2位入賞に貢献した。


 個人種目では男子400㍍ハードルの山本竜大(文理1=千葉・成田高)が5位、女子やり投げの北口榛花(スポーツ科1=北海道・旭川東高)が8位に入賞した。
 2位でバトンを受け取った大嶋は、中盤までトップのアメリカと並んだが、0・08秒差で競り負けた。
 山本は準決勝で自己ベストを更新する50秒84を出したが、決勝は50秒99に終わった。
 北口は2投目で52㍍15を記録し8位。自己ベストには遠く及ばなかった。