相撲 世界選手権 世界女子選手権 バーサンスレン世界一 OB野口は中量級を制す 

スポーツ

2014.9.30 16:26

 相撲の世界選手権が8月31日に台湾の高雄市で行われ、トゥルボルド・バーサンスレン(文理2=鳥取城北高)がモンゴル代表として無差別級に出場し、決勝でウクライナの選手を寄り切って優勝。


 バーサンスレンは団体戦でも先ぽうとして出場し、同国の3位入賞に貢献した。また、本学OBの野口清之(23歳、2013年文理卒=長崎・生月中学校教諭)が中量級を制した。
 同時開催の世界女子選手権では、上田幸佳(文理4=鳥取城北高)が無差別級で3位。団体戦は3位だった。
 バーサンスレンは「両親に恩返しができるようにもっと強くなりたい」と話した。
 アジア選手権 相撲のアジア選手権が8月29日に台湾の高雄市で行われ、女子無差別級で上田が、重量級で谷内明日実(商4=富山商高)が優勝。男子では中量級を野口が制した。