相撲 全国学生 団体優勝はならず 個人戦で木崎が3位入賞

スポーツ

2013.11.27 17:55

 相撲の全国学生選手権が11月2、3の両日に大阪府堺市の大浜公園相撲場で行われ、本学は団体準決勝で東洋大に敗れ3位だった。


 個人戦では木崎信志(経済2=鳥取城北高)が3位に入賞した。
 団体の予選を3戦全勝で通過した本学は、決勝トーナメント初戦で日体大と対戦。大将戦にまでもつれ込む苦戦の末に3―2で勝ち上がった。
 東洋大との準決勝は、先ぽうの川端翔伍(同4=金沢学院東高)が押し出しで勝利。二陣のトゥルボルド・バーサンスレン(文理1=鳥取城北高)は寄り切りで敗れたが、中堅の工藤豪人(同4=青森・木造高)が押し倒して王手をかけた。副将の木崎が押し出されて大将戦となったが、大将の坂元元規(商3=鹿児島商高)は突き落としで惜敗した。
 工藤の話 自分たちの実力なら、十分に優勝が狙えただけに、悔しい。あとは後輩に夢を託したい。
相撲P.jpg
          工藤(右)は安定感のある相撲をとった

フェンシング 関東学生 創部以来初の快挙 男子団体で3種目を制覇

スポーツ

2013.11.27 17:55

 フェンシングの関東学生選手権が10月16日から24日まで東京都世田谷区の駒沢公園屋内球技場で行われ、本学は男子フルーレ、同エペ、同サーブル団体で優勝し、創部以来初の団体3種目制覇を果たした。


 女子はサーブル団体で優勝し、これも初のアベック優勝となった。個人では女子サーブルの福本かな(文理4=鹿児島南高)が初優勝した。
 男子サーブル団体は優勝常連校の法大との決勝で序盤に大きくリードされ、その後も差を詰められず苦しんだが、最終番手の今井康友(法4=長野・上伊那農高)が36―43から9連続得点し45―43で逆転勝利を収めた。
 女子サーブル団体は早大との決勝で4番手の小栗千紗絵(文理1=岐阜・羽島北高)が20―12と点差を広げ、最終番手の三好茉莉子(同3=愛媛・三島高)の猛攻で45―28の圧勝。
 男子フルーレ団体、同エペ団体とも決勝は早大と対戦。フルーレは38―37、エペは45―43で勝利した。三好と福本の同門対決となった女子サーブル個人の決勝は、福本が15―8で勝利した。
フェンシングP.jpg
          チームを勝利へ導いた今井(左)の突き