メニューの開閉

スポーツ

競泳日本選手権 本学勢11個のメダル 小堀200バタ初王座 世界を揺るがせ

 競泳の世界選手権代表選考を兼ねた日本選手権が4月11日から14日まで、新潟県長岡市のダイエープロビスフェニックスプールで開かれた。五輪で11個のメダルを獲得した「トビウオジャパン」のメンバーをはじめ日本のトップスイマーが集結する中、本学勢は小堀勇気(法2・セントラルスポーツ=金沢高)が初優勝を飾るなど、金4、銀5、銅2の計11個のメダルを獲得。小堀ら4人が世界選手権出場を決めた。
(文=大濱たえ子 写真=福島範和)

(さらに…)

合わせて読みたい