柔道 全日本学生体重別 原沢100キロ超級V 7人が11月の講堂館杯へ

スポーツ

2012.10.25 12:49

 柔道の全日本学生体重別選手権が9月29、30日に東京・九段の日本武道館で行われ、男子100キロ超級で原沢久喜(法2=山口・早鞆高)が優勝した。


 同81キロ級で片岡仁(同3=東京・世田谷学園高)が準優勝、同100キロ級の制野龍太郎(同4=宮城・東北高)と女子57キロ級の長野千瑛(芸術4=埼玉・児玉高)は3位だった。
 本学からはこの4人に加え、ベスト8に入った男子81キロ級中川裕喜(文理4=三重・皇学館高)、女子63キロ級小林桃子(法4=東京・藤村女子高)、同48キロ級藤本麻美(同2=埼玉・花咲徳栄高)の計7人が、11月10、11日に千葉ポートアリーナで行われる講道館杯への出場を決めた。
 原沢は1回戦を大内刈り、2回戦を小外刈りで一本勝ちして勢いに乗り、決勝で内股と大内刈りで技ありを取り、一本勝ちした。