レスリングジュニア五輪 男子120キロ級岡が連覇 女子は2階級制す

スポーツ

2011.6.4 09:04

 レスリングのJOC杯ジュニアオリンピックが4月23、24日に横浜市の市文化体育館で行われ、男子ジュニアの部120キロ級の岡倫之(商2=埼玉・花咲徳栄高)が連覇した。


また女子ジュニアの部55キロ級の平野遥香(経済2=東京・安部学院高)と同67キロ級の橋本千紘(法1=同)が優勝。男子60キロ級の花田吉弘(通信教育2=京都・網野高)、同84キロ級の細谷翔太朗(文理2=埼玉・花咲徳栄高)は2位。平野は最優秀選手に選ばれた。
 男子については優勝者が7月のルーマニアで行われる世界ジュニア選手権、準優勝者が6月のインドネシアでのアジアジュニア選手権に出場する。
 岡は決勝で広瀬裕太(早大3)と対戦し、2ー0で勝利。51キロ級から1階級上げて臨んだ平野は、決勝で木下茜(法大2)を2ー0で下した。橋本は土屋亜希帆(付属藤沢高3)との決勝を2ー0で勝利した。
 岡の話 直前にけがをしたが、連覇できて安心した。
 平野の話 優勝して当たり前の大会だったので優勝できほっとした。
 橋本の話 緊張せず試合に臨めた。攻めの姿勢を貫けた点がよかった。
20110520resuoku.jpg
岡(奥)は世界ジュニア出場を決めた