体操 男子団体が4位に 個人総合で小泉が8位入賞

スポーツ

2008.10.3 19:46

 体操の第62回全日本学生選手権が8月31日から9月2日まで埼玉県熊谷市のくまがやドームで行われ、男子は1部団体で429・000点の4位だった。


 個人総合では小泉和照(文理1=大阪・清風高)が8位。女子は2部団体で236・450点の2位、2部個人総合では井上春香(同4=神奈川・相武台高)の8位が最高だった。
 男子団体は跳馬とあん馬で安定した成績を残したが、鉄棒で小泉と古賀裕将(同3=鹿児島・れいめい高)が落下、得点が伸びなかった。
 男子個人総合では小泉が鉄棒で高得点をたたき出し8位に入賞した。