相撲・全日本 亀井がベスト16 深尾は2回戦で敗退

スポーツ

2008.1.23 20:05

 相撲の天皇杯第56回全日本選手権が昨年12月9日、東京・両国国技館で行われ、亀井貴司(商4=香川・高松南高)がベスト16に入った。昨年準優勝の深尾光彦(経済4=埼玉栄高)は2回戦で敗れた。


15相撲300①.jpg
ベスト16に入った亀井
 大会には本学から8人が出場、6人が決勝トーナメントに進んだ。亀井は2回戦で宮本泰成(日体大3)を上手投げで下したが、3回戦で冨田貴男(三研ソイル)に切り返しで敗れた。深尾は2回戦で山口雅弘(鳥取城北高3)に寄り倒された。2006年のベスト8の佐久間貴之(経済1=埼玉栄高)も2回戦で吉田勝雄(九州電力)に掛け投げで敗れた。