テニス・関東学生 3連覇成らず

スポーツ

2005.7.13 23:38

 テニスの関東学生トーナメントが5月16日から22日まで東京・昭和の森テニスクラブで行われ、男子シングルス決勝で李大東(リ テドン 経済3=韓国・建国大付高)が、成瀬廣亮(早大2)に敗れ、準優勝に終わり、3連覇を逃した。


 第2セット、序盤は相手に主導権を握られ、1―3とリードされた。だが、その後は試合の流れをつかみ、3ゲームを連取。4―3と逆転をしたものの、勢いを保てず、5―7で敗れた。
 李選手の話 相手は自分のプレーができていたのに、自分はしっかり力を出し切れていなかった。先輩たちが2年連続で優勝していたので、自分も続きたかったので悔しい。
 ▽男子決勝  
  成瀬2ー0李(6―2、7―5)