メニューの開閉

学生社会

2023年度弁理士試験  難関国家資格に

本学2人が合格

 特許庁は昨年11月9日に、2023年度弁理士試験の合格者を発表した。受験者数3065人のうち合格者は188人であり、合格率は6・1%だった。

 本学からは山本王雅さん(24歳、2023年法・経営法卒)と藤枝秀幸さん(大学院法学研究科私法学専攻博士前期課程2)の2人が合格した。2人とも同学部が資格取得を支援するために設置した「学生研究室」を利用し、指導を受けながら勉強を続けた。

 弁理士は特許権や商標権などの知的財産権の取得、権利侵害の紛争解決、コンサルティングなどを行う仕事。高度な知識が求められる職業であり、難関国家資格の一つとして知られている。