メニューの開閉

学生社会

デフテニス世界選手権  宮川が単複で銀獲得

  • テニス
  • ピックアップ

チーム選手権は女子初優勝

デフテニスの世界選手権が9月23日から29日までギリシャのヘルソニソスで行われ、個人戦に出場したテニス部の宮川百合亜(スポーツ科2)が女子シングルスと同ダブルスで準優勝した。

また、世界チーム選手権が9月30日から10月7日まで行われ、宮川は日本代表の女子チームとして参加し、同チーム史上初の団体金メダルを獲得した。

デフテニスとは、聴覚に障害があり、55デシベル以上の音が聞き取れない選手が行うテニス。普段は補聴器や人工内耳をしている人も試合時には外してプレーをする。ルールは一般のテニスと変わらないが、スコアのコールを手話で行う。音がない中で行うためダブルスでは相手の動きをよく見て瞬時に動きを判断する必要がある。

宮川は物心がついた時から補聴器を着用。テニス部でも補聴器を着用し技術を磨いてきた。健聴者の大会に出場したときに世界選手権でチームメイトの鈴木梨子(専大3)に誘われてデフテニスを始めた。

宮川は、女子シングルス、同ダブルス、ミックスダブルスに出場。同シングルスの決勝は菰方里菜(同志社大3)と対戦し、ゲームカウント1―6、0―6とストレート負けを喫した。

同ダブルスは杉本千明(京都外大西高1)とペアを組んだ。決勝の相手は前大会優勝の菰方・鈴木ペア。前半は接戦に持ち込むもゲームカウント3―6、3―6で優勝にあと一歩及ばなかった。
ミックスダブルスは2回戦で台湾の選手にゲームカウント4―6、0―6で敗れベスト16に入った。

一方、4カ国のチームによる団体戦で宮川はシングルス2として4試合に出場。全ての試合をセットカウント2―0で勝利し日本代表女子チームの初優勝に貢献した。

宮川の話 チームと個人でメダルを獲得することが目標だったので実現できてうれしい。2025年に東京などで行われるデフリンピック出場に向けて頑張りたい。