メニューの開閉

学生社会

鳥人間コンテスト  生産工が4位に

  • ピックアップ
  • 理工学部
  • 生産工学部

生産工が4位に入る

読売テレビ主催の「鳥人間コンテスト2023」が7月29、30日に滋賀県彦根市の琵琶湖東岸で開催された。滑空機部門に出場した生産工学部の津田沼航空研究会(岸井陽香代表=創生デザイン3)は16チーム中4位と健闘。人力プロペラ機部門に出場した理工学部の航空研究会(侭田勇哉代表=航空宇宙工4)は12チーム中12位に終わった。

津田沼航空研は、ここ数年よりも10㌔軽い機体「Garuda(ガルーダ)」で大会に挑んだ。パイロットの青木智大(電気電子工2)は、離陸後、風にうまく機体をのせて左方向へと旋回し、306・93㍍の飛行を成功させた。

岸井代表は「もう少し記録が伸びてほしかったが、ここまで飛んでくれたパイロットに感謝している」と涙を流して飛行の成功を喜んだ。

理工学部の航空研は、過去に学生記録を樹立した経験を持つ強豪校として参加。しかし、大会の約2週間前に機体の故障が発生。飛行直前に機体審査を通過するも、プラットホームからの離陸直後に下向きの風を受け、25・45㍍地点であえなく着水した。

今回、パイロットも務めた侭田代表は「悔しい、何よりも悔しい」と言葉少なに振り返った。

  • 情報募集中
  • ご意見・ご感想