付属2校が甲子園へ 東北高は18年ぶり8度目

付属校

2021.8.5 14:49

2年ぶりに開催される夏の甲子園出場をかけた地方大会が各地で行われ、本学付属校は東北高と山形高が出場を決めた。
2019年の本学勢の甲子園出場は3年ぶりのゼロとなったため、複数の付属校が出場するのは18年の3校出場以来3年ぶりとなる。
東北は7月25日の決勝で光南高と対戦。4―4の同点で迎えた九回裏のチャンスに一番大塚健太(3)が光南のエース星勇志(3)から適時三塁打を放ち、5―4で接戦を制した。東北の出場は18年ぶり8回目。
7月24日の山形と東海大山形高との決勝は打撃戦となった。山形は14安打9得点の猛攻で9―7で勝利。4年ぶり18回目の出場を決めた。
本戦は8月9日に開幕する。