メニューの開閉

スポーツ

バドミントン・中国マスターズ  奈良岡単で優勝

  • バドミントン

日本人対決制す

 バドミントンの中国マスターズが昨年11月21日から26日まで、中国の深圳市で行われ、日本代表として出場した奈良岡功大(スポーツ科4=青森・浪岡高)が男子シングルスで優勝に輝いた。

 決勝戦は西本拳太(ジェイテクト)との日本人対決。第1セットで奈良岡は前半から6連続得点を決めるなどして10―4と差をつけ、その後も相手との点差を保ったまま21―13で1セット先取した。

 第2セットでは開始早々、0―2と離されたが、4連続得点で4―2と逆転。その後、奈良岡はリードを続け21―13で勝利し、セットポイント2―0と快勝。奈良岡は今季の世界大会で初めて優勝を果たした。