メニューの開閉

スポーツ

東都大学野球秋季リーグ  栄冠に一歩届かず

  • 野球

春季に続き2位で今季終了

東都大学野球秋季1部リーグ戦が10月19日に閉幕した。本学は7勝6敗勝ち点3となり、春季に続き2位で同リーグを終えた。

また、1部リーグの敢闘賞に市川祐(法2=東京・関東第一高)、ベストナインに友田佑卓(同4=熊本・九州学院高)と谷端将伍(経済2=石川・星稜高)が初選出さた。

9月27日から29日に行われた3週目の亜大戦は、初戦こそ落とすもその後は連勝し、累計で勝ち点2となった。

10月11日から13日に行われた4週目の中大戦も初戦を落とす。しかし2回戦は今季初スタメンの上加世田頼希(スポーツ科1=福井・敦賀気比高)が泳ぎながらもセンターに打球を運び先制。一方、先発の坂尾浩汰(危機管理3=京都・龍谷大平安高)は8回無失点の快投で勝利に貢献した。

続く勝ち点の懸かった3回戦は市川と中大の西舘勇陽(4)が白熱した投手戦を展開。試合が動いたのは6回表。一死満塁の好機で友田が均衡を破る左前適時打で先制した。市川の後を受けた山内翔太(スポーツ科3=千葉・習志野高)、坂尾も無失点に抑え接戦を制し、4週目終了時点で本学は単独首位に立った。

あと1勝で優勝という有利な状況で同月17、18日、今季最終節の青学大戦を迎えた。公式戦13連敗中と相性の悪い相手に初戦は初回に5失点を喫し、その後も得点を重ねられ10―0と大敗。

2回戦も友田の適時二塁打で先制するも3回裏に逆転を許し、その後は青学大先発の常広羽也斗(4)の前に得点を奪えず6回裏に突き放され敗退。7年ぶりの1部リーグ優勝にあと一歩及ばなかった。