メニューの開閉

スポーツ

陸上日本学生対校  男子8人が表彰台に

  • ピックアップ

福田が2種目で上位入賞

 陸上の日本学生対校選手権が9月14日から17日まで埼玉県の熊谷スポーツ文化公園陸上競技場で行われた。本学は男子走り幅跳びの鳥海勇斗(スポーツ科4=千葉・東京学館船橋高)、同ハンマー投げの福田翔大(大学院総合社会情報研究科修士前期課程1=大阪桐蔭高)が優勝に輝くなど、6種目で8人が表彰台に上った。同総合では東洋大に1・5点及ばず4位に終わった。

 その他同1万㍍のシャドラック・キップケメイ(文理1=ケニア・イリギタティ高)と同十種競技の三浦徹大(同4=北海道栄高)が2位。同砲丸投げの福田をはじめ、同4×400㍍リレーの井上大地(スポーツ科4=東京高)、陰山彩大(大学院総合社会情報研究科博士前期課程1=神奈川・逗子高)、林武広(スポーツ科2=千葉・富里高)、菊田堅心(同1=東京・駒沢大学高)が3位入賞。

 同走り幅跳びの鳥海は、5回目終了時点では7㍍94で2位。しかし最終6回目で8㍍07を跳び、トップの記録をわずか2㌢差で逆転し、優勝を飾った。

 福田は同ハンマー投げ1回目の投てきで43㍍07と振るわなかったものの、4回目に69㍍94をマークし首位に浮上。続く5回目には72㍍01の大会新記録を叩き出し、優勝を果たした。同砲丸投げでは、2回目の投てきで16㍍93をマークし3位となった。

 同1万㍍のシャドラックは序盤から安定した走りを見せ、11周目には2位に。首位争いを繰り広げたが、そのまま2位でフィニッシュした。
 同十種競技の三浦は十種円盤投げで1位、十種砲丸投げで2位と投てき種目で結果を残し、総合2位で表彰台に上った。

 同4×400㍍リレーはミスなくバトンがつながるも、順位を上げられず5位でアンカーの菊田に。しかし、フィニッシュライン間際のメインストレートで、菊田が最後の追い上げを見せ、0秒08差で城西大を抑え3位に入った。

  • 日本大学採用情報
  • 情報募集中
  • ご意見・ご感想