メニューの開閉

スポーツ

飛び込み日本学生  金戸が2連覇達成

王者の実力発揮し団体2位

 飛び込みの日本学生選手権が9月9、10日にAsue大阪プールで行われ、金戸凜(スポーツ科2=目黒日大高)が女子高飛び込みで2連覇を成し遂げ、本学女子団体としては準優勝を果たした。

 金戸は昨年9月に膝を負傷し、ことし6月に復帰。万全な状態ではない中、予選は2位とわずか約5点差の329・10点で1位通過した。しかし決勝では王者の実力を発揮し、2位を約46点上回る363・70点で同種目2連覇に輝いた。

 また、同3㍍飛び板飛び込み決勝は、予選より約13点高い302・00点を出すも、昨年王者の三上紗也可(日体大4)に及ばず、2年連続準優勝に終わった。