メニューの開閉

スポーツ

東都大学野球秋季リーグ 開幕戦白星スタート

  • 野球

山内が満塁窮地をしのぐ好投

東都大学野球秋季1部リーグ戦が9月2日に愛媛県松山市の坊っちゃんスタジアムで開幕した。

本学は2、3日に国学院大と対戦し開幕カードに勝利、勝ち点1を獲得した。同月18、19日には東京都新宿区の神宮球場で東洋大と対戦。9月19日現在、本学は3勝1敗で勝ち点1の1位タイ。

2日に行われた第1試合は3回表に小濃塁(経済4=仙台育英高)の適時打で2点を先制。6回裏に国学院大の反撃にあい1点を返されるが、8回表二死満塁のチャンスで相手の失策により1点を加えた。その後は国学院大に追加点を許さず3―1で勝利し、開幕戦を白星で飾った。

3日の第2試合は、2回裏に谷端将伍(同2=石川・星稜高)の適時打で1点を先制。7回表には一死満塁の窮地を3番手の山内翔太(スポーツ科3=千葉・習志野高)が無失点で切り抜け、1―0で勝利し勝ち点1を獲得した。

18日に行われた東洋大との第1試合は谷端の適時打などで、6―1と圧勝。続く19日の第2試合は1回裏に小濃の2点本塁打で先制するも、逆転を許し2―8で敗れた。

第3試合は22日に千葉市のZOZOマリンスタジアムで行われる。