メニューの開閉

スポーツ

バドミントン世界選手権  日本勢2人目のメダル獲得

  • バドミントン

奈良岡が準優勝に

バドミントンの世界選手権が8月21日から27日まで、デンマークの首都コペンハーゲンで行われた。日本代表選手として参加した奈良岡功大(スポーツ科4=青森・浪岡高)は男子シングルスで決勝に進出したが、クンラブット・ビチットサーン(タイ)に敗れ、準優勝だった。

奈良岡は準々決勝で石宇奇(シーユーチ)(中国)を2―0で撃破。続くアンダース・アントンセン(デンマーク)との準決勝では、第1ゲームで両者ともに譲らず延長戦にもつれ込み、25―23で奈良岡が辛くもリード。第2ゲームは21―12で快勝し、決勝進出を決めた。

決勝の相手は同世代のライバルであるクンラブット。第1ゲームは21―19と奈良岡が先取したが、第2ゲームは接戦の末18―21と奪われた。第3ゲームで巻き返しを図るも、相手とのラリーの応酬に対応できず、7―21で敗れ、銀メダル獲得に終わった。

2018、19年の桃田賢斗(NTT東日本)以来の日本勢優勝にはあと一歩及ばなかったが、桃田に次ぐ日本勢2人目の世界選手権メダル獲得を果たした。