メニューの開閉

スポーツ

弓道・全日本学生  男子団体は24強

  • 弓道

武井入賞ならず

弓道の全日本学生選手権が8月21日から23日まで、グリーンアリーナ神戸で行われ、団体戦では男子が決勝トーナメントに進出するも1回戦敗退でベスト24に入り、女子は奮闘むなしく予選敗退に終わった。

順位決定戦に臨む武井

個人戦決勝は一本射詰による勝ち残り形式で行われ、男子は高木渉(危機管理4=文化学園長野高)、近藤響(スポーツ科1=東京・東海大付菅生高)が3本的中させ、八寸的を用いる八寸射詰に駒を進めた。

しかし近藤は1本目、高木は2本目で外し、10位までの入賞には届かなかった。

女子は武井由里菜(文理4=群馬・尾瀬高)が八寸射詰の1本目で外したことで、9、10位を決定する遠近競射に出場。あと一歩のところで届かず、入賞とはならなかった。