メニューの開閉

スポーツ

レスリング 全日本選抜  石黒峻は3年連続で世界へ

  • レスリング

吉田アラシが初優勝

レスリングの全日本選抜選手権が6月15日から18日まで渋谷区の東京体育館で行われ、男子フリースタイル92㌔級の吉田アラシ(スポーツ科2埼玉・花咲徳栄高)が同大会初優勝を果たした。

 また、同86㌔級の石黒隼士(2022年同卒自衛隊体育学校)、同97㌔級の石黒峻士(20年同卒新日本プロレスリング)も優勝。石黒隼は2年ぶり、石黒峻は3年連続で世界選手権代表に内定した。

 そのほか、同70㌔級の渡辺慶二(商4茨城・鹿島学園高)は2位。同97㌔級の吉田ケイワン(22年スポーツ科卒三恵海運)をはじめ、女子フリースタイル57㌔級の今井佑海(23年同卒自衛隊体育学校)、同59㌔級の坂野結衣(17年文理卒警視庁第六機動隊)の3人は3位だった。

 男子フリースタイル92㌔級はノルディック方式で行われ、吉田アは予選A組に出場。初戦を10―0、2回戦を12―2と共にテクニカルフォールで制し、予選順位1位で準決勝に進出した。準決勝は開始1分46秒でフォール勝ち。 

危なげなく決勝に駒を進めた。決勝は三浦哲史(拓大3)と対戦。第1ピリオドから果敢に攻め8点を追加した。続く第2ピリオドも開始10秒で2点を追加し、10―0のテクニカルフォールで同大会初の栄冠に輝いた。

 石黒隼は初戦を10―0のテクニカルフォールで勝利。準決勝は白井達也(佐賀県スポーツ協会)を3―0の判定勝ちで制した。決勝の相手は、22年の全日本選抜選手権、全日本選手権の同92㌔級で優勝した高谷惣亮(拓大職員)。第1ピリオドで3点を取ると、相手の攻撃にも素早く対応して抑え、3―0で優勝を果たした。

 石黒峻は初戦を3―0の判定勝ち。準決勝では、初戦を10―0のテクニカルフォールで勝ち進んだ吉田ケと対戦し、12―3で本学OB対決を制した。決勝では、22年全日本選抜選手権同97㌔級3位の園田平(自衛隊体育学校)に開始1分57秒で1点先制されるも2点を2回連取、4―1で第1ピリオドを終えた。第2ピリオドは堅い守りで追加点を許さず4―1で勝利した。

 吉田アは7月17日に東京都北区の味の素ナショナルトレーニングセンターで行われた世界選手権代表決定プレーオフ(非オリンピック階級)の男子フリースタイル92㌔級に出場。高橋夢大(日体大4)を5―3で制し初の世界選手権代表に内定した。