メニューの開閉

スポーツ

東都大学野球  開幕カード勝ち越し

  • 野球

ルーキー山口がサヨナラ打

東都大学野球春季1部リーグが4月1日に愛知県のナゴヤ球場で開幕した。本学は初戦から昨秋の覇者・国学院大と対戦し、2勝1敗で見事開幕カードを勝利で飾った。4月19日現在、本学は2勝2敗で勝ち点1の2位。

1日の第1試合は先発のエース山内翔太(スポーツ科3=千葉・習志野高)が3回表に先制点を許し、8回表には一挙4点を奪われ、0―5で敗れた。

3日の第2試合は3回表に外野手・星憂芽(法2=日大三高)の適時打で先制。4回表に相手の野選や本学が押し出しを選んで3点を加えた。

大学デビュー戦となった市川祐(同2=東京・関東一高)は7回裏に3失点するも自責点0。その後5―4と詰め寄られるも、9回表に1点を加えた。その裏はエースの山内がピンチを凌ぎ、6―4で白星を飾った。

東京都新宿区の神宮球場で行われた6日の第3試合は3回表に先制を許すと4回表にも追加点を奪われ、0―3と追う展開に。本学は6回裏に菊地弘樹(同1=千葉・木更津総合高)の適時打などで2―3と1点差に。

そして9回裏。一死満塁のチャンスでルーキー山口雄大(スポーツ科1=福岡・西日本短大付高)がレフトへ2点適時打を放ち4―3で劇的なサヨナラ勝ちを決めた。

同月19日に行われた青学大との試合は初回に先発の山内が3点を失う。本学は5、8回裏に追い上げるも、追加点を許し、2―6で敗れた。