メニューの開閉

スポーツ

競泳 短水路日本 本多200バタで世界新

  • ピックアップ
  • 競泳

本学勢4人が表彰台 付属校生・卒業生も活躍

競泳の短水路日本選手権が10月22、23日に江東区の東京辰巳国際水泳場で行われた。本学勢は本多灯(ともる)(スポーツ科3=付属藤沢高)が男子200㍍バタフライで1分46秒85の短水路世界新記録を樹立し、優勝を果たした。

また、本多は同200㍍個人メドレーでも2位に輝いた。他種目でも、小方颯(同1=付属日大高)、真野秀成(同4=神奈川・湘南工大付高)、小堀倭加(同4‖同高)の3人が表彰台に上がった。

本多は男子200㍍バタフライの予選を1位で通過。決勝でも圧倒的な泳ぎを見せ、従来の世界記録を1秒以上上回る1分46秒85でゴールする快挙を成し遂げた。同200㍍個人メドレーでは、0秒14差で瀬戸大也(TEAM DAIYA)に敗れた。

小方は同400㍍個人メドレーで2位、同200㍍個人メドレーは2位の本多に約1秒届かず3位でフィニッシュした。

真野は同200㍍自由形決勝に出場。50㍍地点を3位で通過後、順位を上げ準優勝となった。

小堀は、女子400㍍自由形で2位、同400㍍個人メドレーは3位で終えた。

また、山本千晶(付属藤沢高1)が女子200㍍背泳ぎで優勝、平井瑞希(同高1)が同50㍍背泳ぎで3位に輝いた。OBの関海哉(2022年スポーツ科卒=キタジマアクアティクス)は男子50㍍背泳ぎで2位、同100㍍自由形は3位に食い込み、尾崎健太(同年同卒=セントラルスポーツ)が同1500㍍で銀メダル、安江貴哉(18年法卒=新東工業)は同50、100㍍バタフライの2種目で銅メダルを獲得した。OGの長谷川涼香(22年スポーツ科卒=東京ドーム)は女子200㍍バタフライで3位に入った。

目標通り世界新

〇…「まさかここまでの記録が出るとは思わなかった」。観客に向かって笑顔でこぶしを突き上げた。
今大会では短水路世界新記録の樹立、自己ベストの更新を見据えていた本多。1往復を27秒で泳ぐことを意識して男子200㍍バタフライ決勝に臨んだ。50㍍地点で目標ラップを上回る…

続きは本紙にて

合わせて読みたい

スポーツ

飛び込み 日本室内選手権 シンクロの池田 息合った演技で準優勝

 飛び込みの日本室内選手権が6月3日から5日まで東京都江東区の辰巳国際水泳場で行われ、池田匠見(文理4=高松工芸高)が男子3㍍シンクロ飛び板飛び込みで2位に入った。

スポーツ

弓道・全日本学生 男女とも団体敗退 個人も入賞なし

 弓道の全日本学生選手権が8月12日から14日まで神戸市のグリーンアリーナ神戸で行われ、本学男子は団体の決勝トーナメント2回戦で敗退、女子団体は予選敗退に終わった。個人戦には23人が出場したが、入賞者はいなかった。

スポーツ

全日本女子駅伝11位 シード権逃すも過去最高

 駅伝の第23回全日本大学女子対校選手権は11月27日に、26チームが参加して仙台市で行われ、本学は2時間13分41秒で11位だった。3度目の出場となる本学は昨年の14位を上回り、過去最高順位を記録したが、6位以内に与え […]

スポーツ

弓道全日本学生 王座決定戦へ弾みつける 男子団体4年ぶり頂点

 弓道の全日本学生選手権(インカレ)が8月20日から22日まで東京・九段の日本武道館で行われ、本学男子団体が4年ぶり14回目の優勝を果たした。