メニューの開閉

スポーツ

男子サッカー 関東リーグ  18年ぶり1部昇格

  • 男子サッカー

明学大に4―0の快勝で

男子サッカーの関東大学リーグ戦(2部)が4月2日から11月13日まで行われた。本学はリーグ最終戦となる12日の明学大に4―0で勝利し、18年ぶりの1部昇格を果たした。

明学大戦では、前半27分に橋田尚希(危機管理3=福島・ふたば未来学園高)のロングシュートで先制すると、前半終了直前の45分にも中村健人(文理4=三重・四日市中央工高)がゴールを決め、前半からリードする展開となった。

後半は相手に主導権が移りかけたが、後半35分にコーナーキックからチャンスを作り、藤村祐世(経済4=三重高)がゴール。さらに後半40分には中村がダメ押しの追加点を奪い、4―0で勝利。同リーグ戦2位で念願の1部昇格をつかみ取った。

主将の梶谷涼人(文理4=付属藤沢高)は「最後は全員で戦うことができた。ここで止まらずに1部常連でいられるように後輩に託したい」と来年に向けてエールを送った。