自転車 全日本ロード  仮屋、悲願の初優勝  本学勢3大会連続で制す

スポーツ

2022.7.25 17:40

自転車の全日本選手権ロードが6月24日から26日にかけて広島県三原市の県立中央森林公園で行われた。25日開催の男子U23(23歳以下)部門ではKINAN Racing Team所属の仮屋和駿(スポーツ科4=和歌山北高)が初優勝を飾った。

本大会のU23部門で本学勢は3大会連続の優勝になる。

ロードレースは1周12.3㌔のサイクリングロードを10周し、順位を競う。U23部門には120人が出場した。

レースは序盤から逃げの集団とメイン集団のデッドヒートが続いた。仮屋は8周目で初めて逃げの集団に加わり、先頭を走る2人に接近。9周目の前半で先頭2人に追いついた。最終周回では後続のメイン集団に50秒近いタイム差をつけた先頭集団が7人に絞り込まれた。

残り3㌔地点。最も勾配がきつい上り区間に差し掛かると、仮屋は一気にアタックを仕掛け、先頭集団を振り切ることに成功。残り300㍍で仮屋が独走態勢に入り、2位に11秒の差をつけ逃げ切り、3時間6分12秒で悲願の全日本初優勝を果たした。

「勝てる」選手に
〇…「夢みたいだった」と仮屋はゴール直後を振り返る。

今季からKINAN Racing Teamに加入。平日は大学で…。

続きは本紙にて