馬術 全日本学生 全日本学生女子 楠本、堀坂が優勝 鷹見、吉田は3位入賞

スポーツ

2022.1.20 11:12

馬術の全日本学生選手権と全日本学生女子選手権が昨年11月26日から28日まで、岡山県真庭市の蒜山ホースパークで行われた。本学は全日本学生で楠本将斗(スポーツ科3=奈良・山辺高)が初優勝を果たし、鷹見優(生物資源科3=東京・関東国際高)が3位に入った。全日本女子は堀坂七菜子(同3=兵庫・播磨農高)が初優勝、吉田ことみ(スポーツ科3=岐阜農林高)が3位だった。
両大会とも、準決勝まで1グループ4人中上位2人が次戦に進む方式で行われ、馬場馬術と障害馬術の2種目で競った。
楠本は1回戦と2回戦を首位通過。準決勝は2位で通過し決勝に駒を進めた。決勝の馬場馬術は1位と7・5点差の2位、障害馬術は3位だったが、2種目総合で首位となった。
堀坂は決勝までの3試合を全て首位通過。決勝の障害馬術は4位だったが、馬場馬術で首位に立った。