ゴルフ 朝日・信夫杯 信夫杯男女とも準V 男子、猛追も1打差及ばず

スポーツ

2021.11.20 16:18

ゴルフの信夫杯争奪日本大学対抗戦が10月28、29の両日に千葉県野田市の千葉カントリークラブ梅郷コース(男子6999ヤード、パー71、女子6247ヤード、パー72)で行われ、男子は優勝した東北福祉大に1打及ばず2位。女子も2位だった。
最優秀選手にトータル136をマークした植木祥多(スポーツ科4=埼玉栄高)と139をマークした星川ひなの(国際関係4=熊本国府高)が選ばれた。
男子の初日は植木が4アンダー、杉浦悠太(同2=福井工大福井高)が2アンダーで回り、トップの東北福祉大に2打差につけた。最終日は植木ら3人が2アンダーで猛追したが、トータル554で同553の東北福祉大に逃げ切られた。
女子は星川が初日を3アンダー、最終日を2アンダーでホールアウトしチームを引っ張った。
一方、朝日杯争奪日本学生選手権は、10月26、27の両日に同じコースで行われ、男子は植木が3位タイ、女子は星川が4位タイだった。
植木は初日2オーバーの37位タイと出遅れたが、最終日にはトップの7アンダーをたたき出し、3位タイまで巻き返した。
星川はショットがさえた初日を2アンダーにまとめたが、最終日の1オーバーが響き、トップに5打及ばなかった。