メニューの開閉

スポーツ

野球 東都大学春季 片岡監督就任1年目で快挙 7季ぶり1部復帰

東都大学野球春季リーグ1、2部入れ替え戦が6月21、22日に神宮球場で行われ、本学は東洋大(1部6位)、立正大(1部7位)との三つ巴戦に連勝し、2017年秋の2部降格以来、7季ぶりの1部復帰を決めた。
ことし1月から指揮を執る片岡昭吾監督は「初回から全員が集中し自信を持って戦った。赤星、市川が柱となり守り切ったことが結果につながった」と話した。
初戦の東洋大戦は一回表に先制されたが、二回裏に池田章人(生産工4=長野日大高)が相手の失策で出塁し、林拓馬(法2=大垣日大高)の左翼2点本塁打で逆転。投げてはエースの赤星優志(スポーツ科4=鶴ケ丘高)が、直球を軸に多彩な変化球を織り交ぜ8奪三振と好投、初回の1失点のみに抑え完投勝利した。
翌日の立正大戦は公式戦初先発の杉本幸基(同3=大垣日大高)が二回裏に2点本塁打を浴びたものの、この後六回までを無失点でしのいだ。後を託された左腕の市川睦(法4=東京・二松学舎大高)はこの後十二回までの6イニングを無失点と好投した。この間本学は四回に1点、八回に1点を返し、2―2の同点で延長戦に持ち込んだ。十三回表一死三塁から林の遊ゴロの間にランナーが生還して挙げた勝ち越し点を、十二回途中から登板した赤星が守り切った。
主将の峯村貴希(経済4=千葉・木更津総合高)は「目標は1部優勝。もう一度走攻守を一から見直したい」と話した。

7季ぶりの1部昇格を決め喜ぶ選手たち

合わせて読みたい

スポーツ

自転車 全日本トラック 本学5種目で表彰台 児島、トラック2種目でV

自転車の全日本選手権トラックレースが昨年12月9日から13日まで静岡県伊豆市の伊豆ベロドロームで行われ、チームブリヂストンサイクリング所属の児島直樹(スポーツ科3=福岡・祐誠高)がチームパーシュートとオムニアムの2種目で […]

スポーツ

空手 関東大学 優秀選手賞に4人 男子組手9年ぶりの栄冠

 空手の関東大学選手権が10月8日、東京・九段の日本武道館で行われ、本学は男子組手で9年ぶり13度目の優勝を果たした。女子組手は2回戦敗退に終わった。

スポーツ

第37回全日本大学駅伝 14年ぶり日本一

 駅伝の第37回全日本大学対校選手権は11月6日、愛知・熱田神宮~三重・伊勢神宮間全8区間106・8キロに25校が出場して行われ、本学が5時間18分34秒で14年ぶり2度目の優勝を果たした。  2区のディラング・サイモン […]

スポーツ

重量挙げ 全日本大学対抗選手権 持田が大学新V

 持田.jpg                                        3連覇を決め喜びを爆発させる持田