ゴルフ 関東大学 男女共に優勝逃す 東北福祉大に及ばず

スポーツ

2021.6.20 15:13

ゴルフの関東大学(男子)と関東女子大学の春季Aブロック対抗戦が5月初、中旬に相次いで開かれ、本学は男女共に2位に終わった。
男子は5月22、23の両日に茨城県東茨城郡のサザンヤードカントリークラブ(6995㍎、パー72)で、女子は同月8、9日に栃木県さくら市のセブンハンドレッドクラブ(6435㍎、パー72)で行われた。いずれもストロークプレーで18ホールを2日間回り、男子は出場者8人の上位7人、女子は同5人の上位4人の合計スコアを競った。
本学男子は初日に新村駿(国際関係3=長野・佐久長聖高)が5アンダーと奮闘したが、ライバル東北福祉大と11打差の2位で終えた。最終日は杉浦悠太(同2=福井工大福井高)が3アンダーでまとめるなど490とスコアを伸ばしたが、トータルは989で、優勝した東北福祉大に5打及ばなかった。
トータル137をマークした本学の新村と東北福祉大の選手が最優秀選手に選ばれた。
女子は最終日、星川ひなの(同4=熊本国府高)が4オーバーと粘り切れず、優勝した東北福祉大と9打差に終わった。