柔道・全日本選抜 佐藤100㌔超級Ⅴ 本学勢2人入賞

スポーツ

2021.4.20 15:55

柔道の全日本選抜体重別選手権が4月3、4日の両日に福岡国際センターで行われ、男子100㌔超級の佐藤和哉(2018年法卒‖日本製鉄)が初優勝を果たした。同100㌔級の山口貴也(法4‖長崎日大高)はベスト4に終わった。
佐藤は1回戦を反則勝ちし、準決勝では技ありで勝利した。決勝は、小川雄勢(パーク24)と対戦。延長3分過ぎに小外掛けで一本勝ちを収めた。
山口は1回戦を技ありで勝ち上がり、準決勝で20年11月の全日本体重別選手権の100㌔級で優勝した飯田健太郎(旭化成)と対戦、技ありで敗れた。