スキー全日本学生チャンピオン 男女4種目で8人が入賞 女子は小林、横浜V

スポーツ

2021.1.21 21:35

 スキーの距離種目の全日本学生チャンピオン大会が、昨年12月23、24日に北海道名寄市のなよろ健康の森クロスカントリーコースで行われ、本学は女子10㌔クラシカルと同5㌔フリーの2種目を制した。
女子10㌔クラシカルでは、小林萌子(文理2=新潟・十日町高)が5㌔地点で13秒差があったトップ集団を猛追。残り5㌔を使って徐々に差を詰め、逆転優勝した。4位に横浜汐莉(同3=青森・野辺地高)、5位に栃谷和(同1=北海道おといねっぷ美術工芸高)が入賞した。
同5㌔フリーは時差スタートだったが、横浜は自分のペースをつかみ2位に17秒差をつけて優勝した。4位に小林、5位に栃谷、7位に笹川茉由(同2=群馬・沼田女子高)、8位に高橋実紗希(同2=北海道留萌高)が入賞した。
男子10㌔フリーは大田喜日向(同4=北海道おといねっぷ美術工芸高)が準優勝。6位に小比類巻遼(同3=青森・野辺地高)、8位に土濃塚悠成(同3=秋田北鷹高)が入賞。小比類巻は同15㌔クラシカルでも8位入賞を果たした。