射撃全日本学生 男子団体で6連覇 個人2種目の表彰台独占

スポーツ

2020.11.20 12:52

射撃の全日本学生選手権が11月12日から15日まで日本学生ライフル射撃連盟の支部ごとに分散して開催され、埼玉県の長瀞競技場で競技を行った本学男子は団体で10㍍エアライフル60発と50㍍ライフル三姿勢60発でいずれも1位となり、総合3605・1点で6連覇を果たした。
女子は団体の10㍍エアライフル60発と50㍍ライフル三姿勢60発でいずれも2位となり、総合でも2位だった。
男子個人では、10㍍エアライフル立射60発で島田敦(スポーツ科4=埼玉・栄北高)が優勝、花川直樹(危機管理4=大阪・箕面自由学園高)が2位、公賀亜久理(経済3=千葉・佐倉東高)が3位に入った。同50㍍ライフル三姿勢60発でも、花川が優勝、以西鷹一郎(スポーツ科3=徳島・城西高)が2位、島田が3位に入賞し、両種目で表彰台を独占した。