メニューの開閉

総合

生産工eスポーツ研 イーカレで優勝

最終試合で急浮上 2位の東京電機大に7㌽差

 学生esports連盟主催の「イーカレ APEX LEGENDS SUMMER CUP 2023」が9月17日にオンライン上で開催され、生産工学部eスポーツ研究会の「Team Dexterity」が見事に、初の優勝を果たした。

eスポーツスタジオ内で個人練習に励む選手たち

 APEXは最後に残ったチームがチャンピオンとなるバトルロイヤル型のゲーム。今大会では3人でチームを組み、全18チームが広大なマップ上で戦う。全5試合を行い、各試合終了時にチームの順位と敵を倒した総数に応じて与えられるポイント数で競った。

 同チームは研究会内のAPEX部門で3人を選抜し、チームを結成して臨んだ。

 同チームは第1試合を1位と好スタートを切る。続く第2試合を6位、第3試合を2位と上位で折り返した。第4試合は9位と順位を落としたが、最終の第5試合では立て直し1位奪還。総合順位で2位の東京電機大に7㌽差をつけて優勝した。

 チームメンバーの渡辺悠貴さん(土木工4)は、IGL(インゲームリーダー)というチームの指揮を担当。バトルロワイヤル型のゲームの性質上、戦うリスクがある中で比較的安全なゲーム展開をし、順位を伸ばした。また高須新さん(数理情報工1)は、敵の位置や相手の戦況といった情報をチーム内で共有し、坪井照卓さん(電気電子工2)が敵と対峙した際の積極的な攻撃を仕掛ける戦略も功を奏した。

 同研究会会長の飯塚堅太さん(機械工3)は「全く学年や学科が異なるにも関わらず、上下関係なく言い合えるような環境が今大会の勝利につながった」と勝因を語った。

 今冬に開催予定の大会に向けて、高須さんは「やるからにはもちろん優勝を目指していきたい」と、強気な姿勢を見せた。