三島高・神宮大会 初出場初戦敗退 松永力投実らず

スポーツ

2021.12.9 11:58

野球の明治神宮大会(高校の部)に初出場を果たした三島高は11月22日の初戦で九州国際大付属高(福岡)に1―2で惜敗し、聖地での1勝はならなかった。
三島は二回裏に先制されたが、三回表に九番野田優磨(1)、一番京井聖奈(2)の連打で一死二、三塁とし、三番池口奏(1)の左犠飛で同点に追いついた。エース松永陽登(2)は三回裏に一発を浴び勝ち越しを許したが、8回を2失点の力投。打線が一歩及ばなかった。
永田裕治監督は「敗れたが非常に良い内容だった。チーム結成時に比べて、粘りが増し全ての面で予想以上の成長をしてくれた」と話した。