札幌日大高 全道大会初優勝 夏の大会へ弾み

スポーツ

2021.6.20 15:16

5月上旬から下旬にかけて開催された春季北海道高校野球大会で、札幌日大高が初優勝を果たした。
札幌支部予選を勝ち抜いて全道大会への出場を決めた札幌日大は、26日の函館工高との初戦を7―5で制し、旭川大高との2回戦を3―2でサヨナラ勝ち。
準決勝は昨年の夏の北北海道大会を制したクラーク記念国際高と対戦し、延長十回の末5―3で勝利を収めた。
北海道栄高との決勝では、初回に1点を先制されたが四回に同点に追いつき、五回には前川佳央(3)の本塁打で勝ち越し。七回には久保田陽貴(2)の適時打で3点目を挙げ、3―2で逃げ切った。
主将の田中銀河(3)は「優勝目指して努力してきた。結果が出て自信になった。夏の選手権大会につなげたい」と話した。