レスリング・全日本学生 岡、平野が初優勝

未分類

2011.11.8 19:14

レスリングの全日本学生選手権(インカレ)が8月29日から9月1日まで東京都世田谷区の駒沢体育館で行われ、男子フリースタイル120キロ級の岡倫之(商2=埼玉・花咲徳栄高)と女子51キロ級の平野遥香(経済2=東京・安部学院高)がそれぞれ初優勝した。


  岡は決勝で山梨学院大の金沢勝利(3)と対戦、第1、2ピリオドを奪い2―0で勝利した。
 平野は早大の杉本恵(3)との決勝で第1ピリオドを1―2で落としたが、第2ピリオドを3―0、第3ピリオドを1―0で連取した。
 男子フリースタイル84キロ級の細谷翔太朗(文理2=埼玉・花咲徳栄高)と女子67キロ級の橋本千紘(法1=東京・安部学院高)はいずれも2位。
 平野の話 「絶対に優勝したかった。自分としては100点満点の出来」
初V大きな自信
 ○…学生大会3冠を目標とする岡にとって、インカレ初優勝は大きな自信となった。昨年の同選手権決勝で敗れてから1年、技術面で最も大切だと考えるタックルを徹底的に練習した。それが自信となり、試合前に焦らなくなった。自ら「精神面の成長」を実感した。(続きは本紙9月号へ) 
P④.jpg
    決勝第2ピリオドで相手のバックを奪う岡(上)