メニューの開閉

スポーツ

ゴルフ 全国大学対抗・全国女子大学対抗 女子9年ぶりの頂点に

  • ゴルフ

女子最優秀選手の倉持選手

 ゴルフの全国大学対抗戦、全国女子大学対抗戦が6月19日から21日にかけて北海道の苫小牧ゴルフリゾート72エミナゴルフクラブ(男子6927㍎、パー70、女子6286㍎、パー72)で行われ、本学は女子が9年ぶりの優勝に輝き、男子は3位に入った。女子の最優秀選手には通算8アンダーの倉持凪(国際関係1=新潟・開志国際高)が選ばれた。

 大会は5人ずつのストロークプレーで18ホールを3日間回り、上位4人の合計スコアで競った。

 女子は初日、倉持が3アンダー、山本瑠奈(同2=三重・津田学園高)が2アンダーと好スタートを切るも、トップの東北福祉大に12打差の2位で終えた。

 2日目、桜井梨央(同3=茨城・明秀学園日立高)が序盤から3連続バーディーを決め、6アンダーのスコア66と猛チャージ。2日目の合計スコアを12アンダーのスコア276とし、東北福祉大に4打差まで迫った。

 迎えた最終日は倉持が3アンダーと安定したプレーを見せ、東北福祉大に6打差をつけてホールアウト。3日間の合計スコア853で、見事9年ぶりの優勝を飾った。

男子は2連覇ならず3位

 男子は初日、小林翔音(スポーツ科1=⻄武台千葉高)が2アンダー、岩井光太(国際関係2=埼玉栄高)が1アンダーと安定した成績を残し3位。2日目も順位変わらず、最終日には、小林と岩井が1アンダー、林田直也(同2=福岡・沖学園高)がイーブンパーでまとめるも合計スコア845で3位に終わった。

  • 情報募集中
  • ご意見・ご感想