トップページ > e-NEWS総合案内 > トラックバックについて

トラックバックについて

■トラックバックとは?

トラックバックとは、ウェブログ(ブログ)の機能の一つで、別のウェブログへリンクを張った際にリンク先に対してリンクを張ったことを通知する仕組みのことを指します。
ブログの著者が別のブログの記事を参照し、自身のサイトに批評やコメントを掲載する場合、元の記事へのリンクを張るのが一般的です。
しかし、リンクだけでは元の記事の著者はどこからどうリンクされているのか容易に知ることはできません。

トラックバックはリンク元サイトに「このようなブログのこのような記事からリンクを張った」という情報を通知する仕組みで、リンク元記事のURLやタイトル、内容の要約などが送信されます。


■トラックバックスパムの取扱いについて

トラックバックスパムとは、ブログの記事とは無関係な内容のトラックバックを送信し、自分のウェブログに読者を誘導する迷惑な広告トラックバックを意味します。
日本大学新聞社では、このようなトラックバックスパムをe-NEWS内で確認した場合、事前連絡なしに削除させていただきます。また、e-NEWSへのリンクが張られていない記事からのトラックバックも削除の対象とさせていただきます。日本大学新聞社がスパムと判断し、トラックバックを削除したために何らかの損害が発生した場合、いかなる理由であっても日本大学新聞社は一切の責任を負わないものとします。

なお、以下の内容に該当するサイトは報道の公平中立の立場を明確にするため記事の内容に関わらず、トラックバック行為自体を禁止させていただきます。
・営利目的のサイト
・暴力的内容や性描写などを含む成人向けサイト
・パスワードなどの認証によるアクセス制限をしているサイト
・政治的思想や宗教的思想、オカルト的思想を含むサイト
・違法性や違法行為が含まれる、また違法行為を助長するサイト
・特定の個人や団体を誹謗・中傷しているサイト
・日本大学新聞社の事業や信用を害している、害する恐れがあるサイト


■トラックバックをされる前にお読み下さい

トラックバックのサービスについては、日本大学新聞社の都合により事前の連絡なしに中止する場合があります。また、サーバーメンテナンスなどのため予告なくサービスを一時的に休止する可能性があります。
トラックバックを行なったために何らかの損害が発生した場合、いかなる理由であっても日本大学新聞社は一切の責任を負わないものとします。

トラックバックスパムにより、日本大学新聞社の事業や業務に影響を及ぼした場合、日本大学新聞社の信用を低下させた場合、日本大学新聞社はスパムを実施した人物・団体に対し、発生した損害の賠償等を請求できるものとします。