トップページ > 日本大学新聞社について > 日本大学新聞社について

日本大学新聞社について

about-titlecopy.gif
 
■本紙概要

名 称
 日本大学新聞社
所在地
 東京都千代田区九段南4-8-24 日本大学会館内
 (⇒MAP
事業内容
 ・新聞「日本大学新聞」の編集、発行
 ・書籍の編集、発行
電話番号
 03-5275-8144(代表)
FAX番号
 03-5275-8331
発行部数
 85000部


■本紙について

日本大学は、文系から理工系、医歯薬系までの16学部を擁する日本最大の総合大学です。しかし、北は福島県郡山市の工学部から南は静岡県三島市の国際関係学部まで分散していることもあり、他学部や大学全体の情報が各キャンパスに行き渡りにくく、どうしても一つの大学としての意識が薄れがちです。

日本大学新聞は各学部をネットワークし「学園の連絡一体化」を第一の目的として毎月発行する全学園新聞です。発行部数は8万5千部です。編集部員は春と秋の2回公募する本学学生記者で、各学部やサークル、ゼミ、研究室などの取材を分担します。全員で企画を持ち寄り、充実した紙面の実現に向けて努力しています。


■具体的には…

評議員会や理事会などの決議事項といった大学運営上のニュース、16学部の最先端の研究成果、そしてサークルやゼミなどの学生の活動を綿密に取材し、わかりやすくまとめています。

データも豊富で、高校別の合格ランキングなどを速報します。読者の貴重な意見を紙面に反映できるようにと「VOICE」などの投稿欄を設け、時には学内世論調査も実施します。また“日大版ぴあ”として、みんなに役立つ情報を満載している「N.U.ネットワーク」には催し案内やゆずります、ゆずってください、募集中などのコーナーがあり「学部を越えた情報交換に利用できる」と親しまれています。


■現在の紙面

最終面の「日大スポーツ」ではアメリカン・フットボールをはじめ、バスケットボール・野球・相撲・陸上・水泳・ラグビーなど保健体育審議会に所属する運動部の活動を毎月紹介しています。

またキャンパス面は、運動、文化系を問わずサークルで頑張る学生にスポットを当てています。社会面では校友、付属校生を取り上げながら、学生の観点を生かし、特集を組んでいます。今、ご覧いただいているホームページでも新しい挑戦をしていきます。


■その他の事業展開

本社では新聞発行のほかにさまざまな事業を行っています。日大文芸賞の募集もそのひとつ。
過去には、創立90周年を記念して、みんなが歌える日大の歌を募集。校友の森田公一さん作曲の「桜の木の下で」が誕生し、入学・卒業式などで愛唱されています。

定期的に、4年間の新聞を一冊にまとめた『日本大学新聞縮刷版』を刊行し、日大スポーツの1年間を写真と読み物で綴るグラフ誌『日大スポーツ』も発行しています。昨年からは年1回のペースで英字新聞の発行を始めました。日大新聞は更なる発展を目指します。

simen.jpg