サークルニュース  2020年02月07日 14:06

■吹研 部員の「想い」演奏に込め 定期演奏会を開催

吹奏楽研究会(城市幸菜主将‖商・経営4)は9月22日、東京都新宿区の新宿文化センター大ホールで第59回定期演奏会を開催した。同研究会OBや関係者ら約1400人が1年間の成果に耳を傾けた。

 3部構成の演奏会は軽快なファンファーレから始まった。第1部の交響組曲「ピーター・パン」では、登場人物が作中で剣を交わすシーンを彷彿とさせるパーカッションによる演出を披露した。
 第2部では世界的なベストセラーで、映画でもシリーズ化された「ハリー・ポッター」の世界観をマーチングショーで表現。演奏はもちろん、カラーガードによる圧巻の演出で観客を魅了した。
 第3部はミュージカル映画「サウンドオブミュージック」。映画の劇中歌として使われた「私のお気に入り」のほかディズニー・メドレーなどを軽やかに演奏した。
 今回のテーマは「想(おも)い」。日ごろの感謝とともに、部員全員が「想い」描いた音楽や演技を来場者の心に届けたいという意味が込められた。
 同研究会では定期演奏会をもって4年生が引退を迎える。これまでを振り返って城市主将は「長いようで短い4年間。苦楽を共にした仲間との演奏が何より楽しかった。無事、演奏を終えて安心した」と笑顔で話した。
 

20191002suisougaku.JPG

圧巻の演奏と演出で観客を魅了

  

トラックバック・著作権・リンクについて
トラックバックURL

この記事のトラックバックURL:

このサイト内における全ての文章・画像・図表等の著作権は日本大学新聞社に帰属します
Copyright (C) NIHON UNIV. PRESS All Rights Reserved.