スポーツニュース  2019年11月07日 18:38

■レスリング全日本学生 吉田、今井が初優勝 石黒フリー、グレコで準V

レスリングの全日本学生選手権が8月20日から23日にかけて東京都世田谷区の駒沢体育館で開催され、男子フリースタイル92㌔級の吉田ケイワン(スポーツ科2?埼玉・花咲徳栄高)と女子53㌔級の今井佑海(同1?京都・海洋高)がいずれも初優勝を果たした。

石黒隼士(同2?埼玉・花咲徳栄高)は男子フリースタイル86㌔級と同グレコローマンスタイル87㌔級の2種目で準優勝。同フリースタイル74㌔級赤荻蘭丸(文理4?山形・米沢工業高)と同97㌔級石黒峻士(スポーツ科4?埼玉・花咲徳栄高)がいずれも準優勝だった。
 女子は50㌔級の平田彩夏(法2?福岡・三井高)が3位に入賞した。
 吉田は初戦と準々決勝をいずれもテクニカルフォールで勝ち上がり、続く準決勝を3―1で勝利。ことしの全日本選抜選手権で優勝した大津拓馬(山梨学院大2)との決勝は、リードされて迎えた終盤に同点に追いつき、試合終了5秒前に4?を上げ、11―7で逆転勝利を果たした。
 準決勝を6―3で勝利した今井は、決勝で昨年のジュニアクイーンズカップ3位の吉村涼菜(東洋大1)との接戦を8―7で制した。
 
悔しさを糧に
 ○・・・残り5秒で投げ技を決めての優勝。(・・・続きは本紙9月号へ)

20190905wrestling.JPG

決勝で投げ技を決める吉田(左)

トラックバック・著作権・リンクについて
トラックバックURL

この記事のトラックバックURL:

このサイト内における全ての文章・画像・図表等の著作権は日本大学新聞社に帰属します
Copyright (C) NIHON UNIV. PRESS All Rights Reserved.