スポーツニュース  2019年11月07日 18:28

■重量挙げ・東日本学生 81㌔級宍戸が頂点 スナッチで?新樹立

 重量挙げの東日本学生個人選手権が9月6日から8日まで神奈川県藤沢市の生物資源科学部体育館で行われ、本学は男子81㌔級の宍戸大輔(文理3?福島工高)がスナッチのジュニア記録を更新して栄冠に輝いたほか、同55㌔級の久保海斗(スポーツ科3?福井・坂井高)、同89㌔級の加藤楓(経済4?富山・滑川高)、同96㌔級の牧野達樹(生物資源科3?兵庫・須磨友が丘高)、同102㌔級の福居尚弥(スポーツ科3?兵庫・淡路高)、同109㌔超級の川村正輝(生物資源科4?三重・四日市工高)が優勝を果たした。
 

宍戸はスナッチ1本目の135㌔は失敗したが、2本目で同重量に成功。3本目で従来のジュニア記録を1㌔上回る143㌔を上げた。
 ジャークは1本目で170㌔に成功したが、2、3本目の174㌔は失敗し、トータルは2位に29㌔差をつける313㌔だった。
 宍戸の話 スナッチのジュニア新は良かったが、目標はジャークのジュニア記録180㌔の更新だったので悔しい。
 
 
 

トラックバック・著作権・リンクについて
トラックバックURL

この記事のトラックバックURL:

このサイト内における全ての文章・画像・図表等の著作権は日本大学新聞社に帰属します
Copyright (C) NIHON UNIV. PRESS All Rights Reserved.