学術ニュース  2019年11月07日 18:08

■芸術 造形教育の歩み 回顧する展覧会

 芸術学部は、10月1日から同学部芸術資料館とA&Dギャラリーで「日芸とバウハウス100年~山脇巌と日本大学芸術学部の造形教育を振り返る」を開催する。 

同学部のデザイン教育の礎を築いた山脇巌(1898~1987)の業績を振り返る。
 山脇がドイツの造形学校バウハウス留学中に撮影したオリジナルプリントや旧芸術学部江古田校舎建築図面などの資料約100点が展示される。
 芸術資料館は山脇らの作品を、A&Dギャラリーは学部関係者によるオマージュ作品を展示する。期間は芸術資料館が10月1日から25日まで。A&Dギャラリーが10月7日から26日まで。いずれも入場無料。
 

トラックバック・著作権・リンクについて
トラックバックURL

この記事のトラックバックURL:

このサイト内における全ての文章・画像・図表等の著作権は日本大学新聞社に帰属します
Copyright (C) NIHON UNIV. PRESS All Rights Reserved.