スポーツニュース  2019年08月28日 16:11

■本学勢メダル12個の活躍 ユニバーシアード 走り幅跳びの橋岡貫禄のV 競泳陣は4種目で金

ユニバーシアード夏季大会が7月3日から14日までイタリアのナポリで開かれた。本学勢は4競技に出場し金6、銀4、銅2の計12個のメダルに輝いた。特に、競泳陣は4種目で金4個を獲得するなどの活躍を見せた。前回の台北大会の獲得メダル数を2個上回った。

競泳では男子400㍍自由形で吉田啓祐(スポーツ科1)が3分49秒48で日本選手第1号となる金メダルを獲得した。同100㍍バタフライの石川慎之助(スポーツ科1)は52秒05の好タイムで優勝を果たした。
 小堀倭加(スポーツ科1)は女子800㍍自由形を8分34秒30で、同1500㍍自由形を16分16秒33で制し2冠を達成した。
 陸上の男子走り幅跳びは、橋岡優輝(スポーツ科3)が8㍍01で初優勝を果たし、8㍍ジャンパーとしての面目を保った。
 男子サッカーの金子拓郎(法4)は、大会通算2得点で日本代表チームの2連覇に貢献した。
 【主な結果】
 ■陸上競技 女子やり投げ ②北口榛花(スポーツ科4) 男子棒高跳び ⑦江島雅紀(スポーツ科3)
 ■水泳 競泳男子4×100㍍フリーリレー ④関海哉(スポーツ科2) 同4×200㍍フリーリレー⑥関、吉田 同1500㍍自由形 ⑥吉田惇哉(スポーツ科3)同4×100㍍メドレーリレー ④石川 競泳女子4×200㍍フリーリレー ④小堀、持田早智(法2) 同50㍍バタフライ ⑧山本茉由佳(スポーツ科2) 同4×100㍍フリーリレー ②山本、持田 同200㍍バタフライ ③持田 高飛び込み男子10㍍シンクロナイズド ④大塚千誠(18年経済卒=静岡ビル保善) 飛び板飛び込み混合3㍍シンクロナイズド ⑥大塚 男子団体 ⑥大塚
 ■柔道 男子66㌔級 ②桂嵐斗(スポーツ科1) 男子団体 ③桂
 ■バレーボール ⑤郡浩也(18年文理卒=ジェイテクトSTINGS)
 ■フェンシング 男子団体サーブル ⑧清水紀宏(スポーツ科4) 女子団体フルーレ⑥森千絢(スポーツ科4)
 

トラックバック・著作権・リンクについて
トラックバックURL

この記事のトラックバックURL:

このサイト内における全ての文章・画像・図表等の著作権は日本大学新聞社に帰属します
Copyright (C) NIHON UNIV. PRESS All Rights Reserved.