総合ニュース  2019年08月28日 12:19

■大相撲 伝統の化粧まわしを贈呈 十両昇進の木崎海

大相撲名古屋場所での十両昇進が決まった木崎海関(木瀬部屋=本名・木崎伸之助、2018年法卒)に、本学から化粧まわしが贈られた。

贈呈式は7月1日に日本大学会館で行われ、田中英壽理事長、大塚?兵衛学長が出席した。
木崎海関は4年生のときに東日本個人体重別選手権の無差別級で優勝するなど多くの大会で表彰台に上った。
 幕下3枚目で迎えたことしの5月場所を5勝2敗で勝ち越し、入門後約1年半のスピードで十両昇進を決めた。本学出身大塚学長と共に贈られたまわしを手にする木崎海関(左)の関取は51人目となる。

20190701sumou.jpg

大塚学長と共に贈られたまわしを手にする木崎海関(左)

トラックバック・著作権・リンクについて
トラックバックURL

この記事のトラックバックURL:

このサイト内における全ての文章・画像・図表等の著作権は日本大学新聞社に帰属します
Copyright (C) NIHON UNIV. PRESS All Rights Reserved.