スポーツニュース  2019年06月11日 20:30

■重量挙げ全日本学生個人 初の全国大会で優勝果たす 96㌔級牧野が殊勲 

 重量挙げの全日本学生個人選手権が4月26日から28日まで大阪府羽曳野市のはびきのコロセアムで行われ、男子96㌔級の牧野達樹(生物資源科3=兵庫・須磨友が丘高)が初優勝を果たした。同102㌔級の福居尚弥(スポーツ科3=兵庫・淡路高)と同109㌔超級の川村正輝(生物資源科4=三重・四日市工高)はいずれも2位。同89㌔級の加藤楓(経済4=富山・滑川高)、同102㌔級の滝口大翔(生物資源科4=山梨・谷村工高)、同109㌔級の大川健人(文理2=大阪・大阪産業大付属高)が3位に入賞した。

 牧野はスナッチ2本目に128㌔を成功させ、4位につけた。クリーン&ジャークの2本目で自己ベストタイの171㌔を上げ、3本目で174㌔に成功し自己ベストを更新。トータルを302㌔とし、2位と1㌔差で優勝を勝ち取った。
 ◯…本学入学後、苦手なジャークの練習を地道に重ねてきた男が3年目にして初の栄冠に輝いた。(・・・続きは本紙5月号へ)

 

トラックバック・著作権・リンクについて
トラックバックURL

この記事のトラックバックURL:

このサイト内における全ての文章・画像・図表等の著作権は日本大学新聞社に帰属します
Copyright (C) NIHON UNIV. PRESS All Rights Reserved.