スポーツニュース  2019年06月11日 20:22

■自転車東日本学生 本学4種目で表彰台 貝原が予選で大会新記録

 自転車の東日本学生選手権が5月4、5の両日に山梨県笛吹市の境川自転車競技場で行われ、本学はポイントレースで小島直樹(スポーツ科1=福岡・祐誠高)が初優勝するなど、12種目中4種目で表彰台に上った。

 チームスプリントは中島詩音(文理4=山梨・甲府工高)、治田知也(スポーツ科3=新潟・吉田高)、南儀拓海(生物資源科3=富山・氷見高)組が準優勝。
 男子4㌔個人追い抜きでは、貝原涼太(同4=福岡・祐誠高)が予選で4分35秒06の大会新記録を出し、決勝に進出。決勝では矢部駿人(法大3)に破れ、準優勝だった。
 10人前後で6㌔を走り順位を競う女子スクラッチでは、ルーキーの中川由里(文理1=埼玉・川越工高)が3位に入った。
 1周400㍍のトラックを周回し、6周ごとの順位ポイントの合計を競うポイントレースでは、本学から7人が決勝に進出。児玉は7周目から徐所に順位をあげ、ポイントを稼ぐと10週目でトップに立ち、そのまま1位でゴール。2位と10ポイントの大差つけ勝利した。
 

トラックバック・著作権・リンクについて
トラックバックURL

この記事のトラックバックURL:

このサイト内における全ての文章・画像・図表等の著作権は日本大学新聞社に帰属します
Copyright (C) NIHON UNIV. PRESS All Rights Reserved.