学術ニュース  2019年06月11日 19:28

■交付額は約59億円 18年度私学補助金

 2018年度の私立大学等経常費補助金(短大を含む)の交付額が、1月22日に日本私立学校振興・共済事業団から発表された。

 本学は医学部の入試問題で25%、アメリカンフットボール部の悪質タックル問題で10%減額され、59億1278万9000円だった。減額措置を受けた分については、「学生ファースト」の精神に基づき、学部等の教育環境に影響が及ばないように、法人本部保有資金から充当された。
 経常費補助金は私大などの教育研究条件の維持・向上や学生の経済的負担軽減を目的に国から交付される。教職員数や学生定員数に応じて交付される「一般補助」と社会的要請の強い特色ある教育研究実績などに応じて交付される「特別補助」がある。本学は一般補助が50億3984万8000円、特別補助が8億7294万1000円。
 

トラックバック・著作権・リンクについて
トラックバックURL

この記事のトラックバックURL:

このサイト内における全ての文章・画像・図表等の著作権は日本大学新聞社に帰属します
Copyright (C) NIHON UNIV. PRESS All Rights Reserved.